冬季 唐松~五竜 3

どこまで書いたんだっけかな~、えーと

3月2日、10;00 八方池山荘 スタートだったな。確か

天気はガスっているが時々晴れ間ありだったな。

メンバー ナッツ   記ナッツ

じゃ、いってきます(^~^)!

いまだに登山者はいないが、変わりにスキーヤーやボーダーがシールやスノーシューでガシガシ自分が向かう先を登って行く。BCのメッカやからね~

そのトレース後を、とりあえずつぼ足でたどって行くがまぁ~埋まって歩きにくい(^~^;

先行している滑走者達はガスで見え隠れしている。

そのあとをつかず離れず頑張るが、こりゃ駄目だと思いワカン装着!!(八方山あたり)

稜線は時々雪が切れて地面がでてワカンでは歩きにくいところもあるがしょうがない(泣)

そうこうしてるとトイレが立ってるなかなか広い雪原にでた、トレースはあるので外さないように前方左よりに向かって登り尾根に上がる。すぐ八方ケルンがある。

それを越すとまたまたすぐ第3ケルン(八方池)がでてくる。

上部を見上げるが、な~んかガスが濃そう。稜線がガスで隠れる時間が何となく多くなってきたような(^~^;汗

それでもまだ序盤戦、いきまっせ!(つよがり)

じょじょに雪深くなる、視界も悪くなる

前方から中高年登山者パーティーが下ってくる、

「この先丸山へは、まかないで直登がいいよ。」

と言われるが、それよりも何よりもトレースが有りがたい。

そう、ぼちぼち辺りが、、、、、、ははは(--; しっろしろなんざます。

もう景色なんて楽しんでる場合じゃ無く、ほぼ足元みて歩いてる感じっす。

そ~ね~、こうなって来るとこの日の1番の難所は丸山ケルン越してからの広い尾根だったかな~。ホワイトアウトってやつですかね?前後左右真っ白けっけ(--;やばいねー

引き返すか本気で考えましたもんね。

でも何とかジリジリと一歩づつ登って行くとステージはちょっとした痩せ尾根にでた。

ガイド本何かだとここから山荘付近までが難所らしいがこう言う状況だと道が狭い方が迷わなくて帰って安全かな~と思いながら稜線を忠実にたどって行く。(もちろんホワイトアウト気味)

そんなこんなで1人で心ぼそく歩いてっと前方に枝らしき物体が落ちている、

よーく見るとチョコチョコと動いている、

近寄ってみる、

、、、、、、、、、、、、(=0=;!!!

ライチョウ!しかもばっちり冬毛バージョンじゃありませんか!(まじまじ見たのは初めてっす)

か、かわいい(^~^; 2羽もいる。

やはりライチョウと少しお話し、そのあと彼らはガスの彼方へとんでった。

これで多少パワー充電だな。(気持ち的なね)

また、しっろしろの稜線を歩きだすオレ。

トレースはあるが誰もいない、おそらくこんな日に上がってる人はいないんだろね。

んであとは、最後であろう乗っこし直下の急な所を直登して~

主稜線にぬけでた~(^~^)!!

真下にぼんやり唐松山荘がみえたのでちょっとほっとして小屋にむかってくだってった。

いや~、とりあえず着いたね(^-^;)  3:00ぐらい

えーと唐松岳はと、          何も見えないね はははは(泣)

唐松どころか何も見えん。しかもなかなか強風。

目の前に小屋が デーンと見えてるだけ

今日はここでしまいだな!小屋のわきにテント立てて 終了ー!

ちょっとまわりを散策しようとしたがホワイトアウト風でお話にならないのでおとなしくテントにもどりお酒をちびりとやり、暗くなってきたので飯食って明日の好天を祈ってねた。

その日は、唐松さんにはあえずじまいでした。。。。明日は唐松ピストンからの五竜方面です!

       いけるのかーオレ!  つづく

 

 

 

冬季 唐松~五竜 2

では、本題にいってみましょう~!!

3月2日~4日

八方尾根~唐松~五竜~遠見尾根(予定)

ナッツ単独

で行ってきました。

記ナッツ

3月2日(初日) くもりのちガスガス

八方尾根~唐松岳~頂上山荘(テント泊)

ま~家をでる前からあまり天気が良くないのは知っていたんですが自分怒られないと分からないタイプなもんで、登ってダメならあきらめよう的な方向で出発しました。

冬季 唐松~五竜 1

みなさまお久しぶりです。ナッツっす(^~^;

3月2日~4日でぷち縦走の予定でいってきましたよ。

ばーち隊長曰く雪に抱かれてff(ふぉるてしも)ってやつです(笑)。

最近は、仕事か山かボッカかで血走ってたもので記事書くのがおろそかにになっておりましたが北海道は楽しかったでしたよね~、皆さん(^-^)!

イエテイの隊員として山行報告せねばと言うことで出張ったわけですが、まぁ~

「乞うご期待」って言われるとしょぼくて恥ずかしい内容ですが書いてみますね!

では、またm(--)m  唐松~五竜 2 で        終わりかいっ!(驚)       

年越し八ヶ岳 2

1月1日 元旦

ガス&強風

メンバー ナッツ、友人2人(S、K) 記 ナッツ

行者小屋(8;00ぐらい)~赤岳展望荘(10;00ぐらい)~2時間天気待ち(12;00)~

赤岳(12;45)~文三郎~行者小屋(13;45)~南沢~美濃戸口(5;00ぐらい)

年越し八ヶ岳 1 3

朝6;00ぐらいかな~、もぞもぞしながら起きる。今日は元旦だが別に特別な気持ちはない(苦笑)

年越し八ヶ岳 1

2013年 12月31日~2014年 1月1日

初日(31日) ナッツ単独 記 ナッツ

年越し八ヶ岳 2 3

ほどほどの風とガス

舟山十字路(8;00)~青ナギ(11;00)~阿弥陀岳(13;00)~行者小屋(14;00)

みなさん明けおめ!ナッツっす!

そうです。  バーチ隊長や姉さん(賊)のみやま詣での誘いを愛想笑いをしながら断って僕は年末の31日の朝、舟山十字路にいました(^~^;へへへ

だって、だってだってだってなんだも~ん!

酔いお年を

みなさま、今年もお世話になりました。

Yeti1302

来年もよろしくお願いいたします。

みなさま、良いお年を。

そして、良い山を。