北鎌尾根か?

北鎌尾根あらため表銀座縦走

9月14日(金)~9月17日(月)
天気:だいたい晴れ→テン場で雨
メンバー:ズッキー、ダーヨメン、ばーち

ダーヨメンが、誕生日の記念に北鎌尾根に行きたいと
言い出したのは、結構前。そしていつの間にかもう9月。
ダーヨメンぜんぜん山あるってなくね?ダイジョブか?

さー行ってみよう!!

9月14日(金)晴れのち曇りそして雨
穂高(10:20)バス~(11:40)中房温泉発(12:05)~第一ベンチ(12:40)~
第二ベンチ(13:10)~第三ベンチ(13:40)~合戦小屋(14:50)~燕山荘(16:30)

あずさ→大糸線を乗り継いで、穂高駅に到着。
バスの出発には余裕があるので、ターミナルのそばでもと入ってみる。
わたしは、昨日の酒がすこし残っていたので、ざるそばとかき揚を注文。
すると、ズッキーさんがビールを注文。飲みたくなるじゃね~か~
ダーヨメンは、野沢菜おやきを注文するが、出てきたのはフロフキ大根。
お店の旦那も「あれー?」といって、もう一個おやきをくれた。
でも、これもフロフキ大根だ!!わたしの行動食となりました。

バスにゆられて、中房温泉到着。
水を汲んで、準備していきますかね~と、
あ!あれ~!なんとわたしのハイドレーションに穴が!!
水がぴゅーって出ているよ。ライターであぶってみたがふさがらない。
むしろ拡大していく。プラティバスは治ったんだけどなー前ね。
しょうがないので、ペットボトルのお茶買って、これを飲み水にね。
出発前にしっかり点検。これジョーシキデス!!

第一ベンチ・・・第二ベンチ・・・
・・・なんかみんなへとへとじゃね?まだアプローチどころじゃ無いよ!
ダーヨメンは、「北鎌に行く!」と周りの登山者にしゃべりまくってるし!?
そしたら、「ここでへばってるようじゃ、北鎌やめたほうが良いと思うよ」と
優しく止められてるし。

途中カメラがピピピ!と奇声を発する。聞いたこと無い警告音。
・・・「あ、SDカード入ってない。忘れた・・・メモリが満杯だ」
またやってしまった。
ズッキーさんのSDカードを借りる。すいません。
装備の点検はしっかりね!ほんとすいません。

合戦小屋

何とか?合戦小屋に到着。
つくと皆さま同じものをがっついてる。
それは・・・赤い奴・・・そう合戦小屋名物のあいつ

でかい立派なやつを、ダーヨメンと半分づついただきました。
1切れ800円ナリ。ズッキーさんは1切れ食べてたよ。

ごちそうさまでした
甘さが染み入りますな

補給も完了し、あと一息だと、出発。
途中で雨にやられ、カッパ着て何とか燕山荘に到着。
結構テン場は混んでたね。でもトイレも近くてよかったYo!
受付して、ビール2本買って、さて宴会。

・・・のその前に、「明日、貧乏沢を下りるか、東鎌にすすむか?」の
会議を。「下りたらもう引き返せないよ。その先は長いよ。」と。
ダーヨメン「うん、やめよう。北鎌」
はい決定~。表銀座縦走けって~い!!さぁ宴会だ!

700円近くする缶詰とかぱりぱりわかめとか日本酒とかで夜は更けてゆくのだ・・・
(外は雨だけど)

 

9月15日(土)晴れのち曇りそして雨
テント発(4:50)~燕岳(5:10)~燕山荘発(6:40)~蛙岩(7:10)~
大下り(7:30)~喜作レリーフ(9:00)~大天荘(9:35)~大天井岳(10:00)~
大天井ヒュッテ(11:10)~貧乏沢下降点(11:40)~ヒュッテ西岳(13:40)

いつもそうだが、12時くらいから寝たり起きたりを繰り返し、4時にアラームが鳴る。
もぞもぞと起きて、テントのファスナーを上げると、おおお!星がでているYo!
晴れだな。燕の方を見るとライトが連なっている。さぁ燕へ行こう!

燕岳となにか

燕岳に到着。低いところに雲があるので、ご来光は拝めず。
でも、富士も槍も後立山もきれいだ。
頂上は、狭く人が多いので、さくっと楽しんで、戻ろう。

めがね岩となにか

ヤリイルカ

テントに戻り、熊本あたりのとんこつラーメン腹にしまって、さぁ出発。
槍が輝いている。

コマクサ ピークは過ぎていたようです。

重荷(北鎌という)がなくなったせいか、みなさん足取りが軽いようだ。
晴れの尾根歩きは気持ちが良いですよね。

大天井岳は雲の中~

ヒョウタンボクだそうです。
有毒だそうです。

これから先々にある赤い実、ニガ酸っぱかったそうです。byズッキー
と、帰って調べたら有毒だそうです。ズッキーさんはすぐに吐き出したから、
良かったんだろう。

ベニバナイチゴでしょうか?

このイエローな奴は、
なんでしょうか?
おひたしとかで
食べたらんまそう?

みなさん快調かと思いきゃ、昨日の疲れが残ってるようで、大天井が
近づいてくるにつれ、足取りが・・・

喜作レリーフ

喜作さん。気さくな方だったとか・・・。ばふぁ

振り返ると燕は遥か後に

振り返ると結構来たもんだと、燕を確認。こうゆうの稜線歩きいいよね。

イワツメクサでしょうか?

大天井前の分岐で、右か左かと大天井の登りを見て、迷った?が
頂上踏むなら当然左だと、大天荘へ。

着いたら、すっかりガスの中。ザックを置いて頂上へ。

頂上もガスの中

チングルマの綿毛

頂上からの下り、「なんだこれ~?」と言っていたら、
「チングルマの綿毛だよ」と教えてくれました。
「朝露がきれいなんだよ」と、おお見てみたいですな。

行動食を腹に入れて出発。大天荘から大天井ヒュッテへは、
なんか不安になるくらい下る。
ちょっとしたコルにこじんまりとした小屋ですな。大天井ヒュッテ。

トリカブトさんですか?

しばらくすると、運命の分かれ道。しっかりと看板がありました。

この世には、貧乏沢を
降る人、降らない人の
2種類しかいないのだ!

次回は、どうどうと降ろうな、ダーヨメン、ズッキーさん!!

ビックリ平で、北鎌尾根がばっちりと見えます。

あれが独標で
あれがコルだな

ほんと良く見えます。

あれは右で、あれも右で
あれは左かな

でも、もう涙で良く見えない・・・

「さぁ、我々は涙を拭いて、前に進まねばならない」
ダーヨメン軍曹「サー!イエッサー」

さらに尾根を越えて、小さいピークを越えて、

ヒュッテ西岳見えた

やっと見えました、ヒュッテ西岳。
もう、歩かなくていいんだよ。。。

お疲れ様の虹です

テント張って、ビール呑んでひと寝入り。
起きたら、虹がでてました。写真じゃつたわんね~な~

夜は、ハイカロリーカルバナーラ的なマヨネーズうどんwithベーコン
が・・・失敗しました。うどんの量が多すぎてドロドロです。
マヨネーズも濃過ぎました。めんつゆは必須ですな(忘れますた)

悲しきうどんさん
これは重石になりました。
ごめんなさい

ビール、焼酎で2日目の夜も更けてゆくのであった。
あ、西岳行かなかったYo!

つづく

 

似たおはなし:

    いまはまだ無い・・・

2 thoughts on “北鎌尾根か?

  1. Pingback: 表銀座縦走な | Club Yeti

  2. Pingback: 香るカリー | Club Yeti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。