太刀岡山左岩稜(すこの3日間その2)

日時:8月2日
天気:晴れ
メンバー:ナッツ、すこ
記:すこ

ナッツとどこ行こうか~とディスカッションした結果、
やめときゃいいのに、太刀岡山左岩稜となりました。

なんとなく、再登したくなったんださ。

やめときゃいいのに。

 

セドの沢から帰宅して、さっとシャワーを浴びて、缶ビールの呑む。
軽く仮眠して、秦野へ向かう。

2時くらいには、駐車場に到着。一杯呑んで、道端でご就寝。
6時くらいに起床。腹ごしらえして、出発。

7時に登攀開始。オーダーはすこ、ナッツ。

下部3ピッチだけだからと、適当にテーピングして取付く。

DSC00261

取付く

が、

全然上がれません。パンぷ。

DSC00276

 

カムぶち込んで・・・

DSC00278

掴んで・・・

DSC00282

降りる。

我、空を見上げる・・・

ああ、あの時は一発で上がれたのになぁ~
(遠い目で思い返す)
思い返してみると、4年前でした。
あああ、おっちゃん年取ったのね。なんもしてないもんね。
だめだね。

何度かトライをするが、もう萎えてしまったすこは、空気の抜けた風船のように
なっており、ナッツに譲る。(お願いする)

DSC00369

ナッツさん、大文字ムーヴでさくっと抜ける。

ああ、素敵。

が、すぐ上でピッチを切るナッツさん。

まだ、1ピッチ目のクラックが残っております。

DSC00369

萎んだ風船ことすこは、クラックに取付くが、萎んだ風船は、
上がらない。

なので、右のフェースに目をつける。ハーケンが2本打ってある。
ハーケンにヌンチャクかけて、

掴む!

そして、力ずくで上がる。
そして、次のハーケンにヌンチャクかけて、

掴む!!

そして、力の限り上がる。
だが、次がとどかない。手が無い。

めげないすこは、リスにナッツをかまして、

掴む!!!

そして、力任せにずり上がり、

木を掴む!!!!

うむ、完璧な人工登攀(ださい方)
てか、

アブミ持って来い!!

すいません。

DSC00425

お次は、2pオフィズでナッツさんが行きます。

DSC00484

さすがナッツさん。ナッツムーヴで抜けてきます。
(すこは、蚊と格闘中)

そして3pはチムニーですこが行きます。

では~で~はぁ~と、汚らしい呻き声を上げ、ザックを捨てて(ロープにFIXして)、
なんとか抜けました。(ナッツ、蚊と格闘中)
途中ザックが引っ掛かり、へろへろの中クライムダウンして、ザック回収。

DSC00753

何とかナッツも、逆向きチムニー登りで上がってきた。

DSC00756

涼しい内にやってしまおうぜぃ~と言っていたが、
すでにここで3時間!!経過!

日ががんがん照っている。

DSC00758

 

DSC00789

でもさ、ロケーションは最高だな。

DSC00877

 

例の場所に無理やりナッツを立たせる。
しかしコンデジの調子が悪く、うまく取れなかった。

DSC00949

最後の鋏岩を行くナッツ。

DSC01038

鋏岩の上で。

鋏岩の基部に降りて、12時、あら5時間もかかってしまいました。

それから、登山道を30分で下り終了。

さぁコーラ呑もう。

おつかれさんでした。

 

 

 

似たおはなし:

    いまはまだ無い・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。