奥多摩周遊(1日目)

日時:8月23日
天気:曇り
メンバー:ナッツ、すこ

予定では、湯檜曽本谷いぐべぇ~なんて言ってたが、
予報では、雨っぽい。もう雨は嫌なんで。
谷川なんか他が晴れてても雨が降っちゃう感じなんで、
やめて、ナッツとど~すっかぁ~と奥多摩らへんに行こうとなりました。

奥多摩なら、岩もできるし、沢もできるし、アブミもできるしと、
ザックに全部入りで、出発いたしました。

 

1日目

さぁとりあえずは岩かね~と越沢バットレスに向かう。

さくっと1番乗りで到着。
ささっと準備して、まずはアップで第2スラブやりますかと。

ナッツさんが1番槍でGo!
朝一でのぼると、ちょっとン?ってなるよな~ココさ。

ちょっと濡れてるしな

ちょっと濡れてるしな

2pは、すこがリード。なんてことはないので、さくっと上がって、
ナッツをビレイしていると、東屋に動くものが。

左上の東屋に

左上の東屋に

ビレイをしながら、東屋をよ~く見ると・・・

なんかいる!

なんかいる!

わっかるかな~

黒いのが2つ

黒いのが2つ

わっかんねぇだろなぁ~

おわかりいただけただろうか・・・

おわかりいただけただろうか・・・

おい!2匹の連携プレイで俺の荷物を漁るのやめてくれ!
雨蓋を開けるな!ビニール引きちぎるな!

あああ、2pのビレイ点からではどうにもできません。
ビレイ器投げるわけにもいきませんしね。

と、あきらめかけた時、カラス1号、2号が飛んで行った。
横をみると、他のクライマーが上がってきた。
ありがとう。

そんで、ナッツも上がってきた。

3pの核心は、ナッツが行く。

まだ、日は当たらない

まだ、日は当たらない

1本終了し、下降点へ。
懸垂で降りると、登ってくる人が・・・

ここ、下降点ですがぁ・・・

見ると、右スラブの下部にトップロープも張っているよ。

あ、早くザックを見に行かないと。ご飯食べられてないか!?

ザックの奥の方にしまっておいたので、無事でした。
ビニールが、細かく引きちぎられていましたが。
危ない、危ない。

気を取り直して、んじゃぁ次は第1スラブでも行きますかぁと、
一応、アブミもぶら下げて出発。

1p再度ナッツ。立木テラスの下でピッチを切る。
2pすこ。クラックを上がり右にトラバースし、上がる。
3pナッツ。垂壁の下でピッチを切る。
4pすこ。核心のトラバース。

トラバースに入るところのハーケンに、ヌンチャクをかける。

ぶわ!

ん?

あ!蜂の巣だ!!!(すごく小さいんだけど)

どう猛な種類の蜂ではないようだが、かなりお怒りの様子。

写真はイメージです

写真はイメージです

こんな感じで、戦闘体制に入っておりました。
そんで、蜂の巣(すごく小さいんだけど)では、女王蜂?らしきお方が、

超ガン見

すいません、お邪魔しました。

ナッツのヌンチャク残置で、ひとまずクライムダウン。
あのルートを進むには、ほぼ蜂の巣にキスするくらい近寄るし、
へたすら、そこで保持して長居するかもだし、

ナッツ「スーパーヌンチャクでバシっといっちゃいましょう!
※「ヌンチャクで蜂の巣叩き落とせ!」の意

無責任な殺生道楽発言。
俺は、お断りです。
思案した結果、右スラブ右上ルートを行くことに。

すでに、蜂の巣騒ぎでお疲れのすこ。
A0ラヴで上がるが、ちょっとした乗越部分が越えられず。
はしたなく、アブミにご登場願うが、状況変わらず。
何度か、チャレンジするが、どうしても保持することができず。

メンタルチキンの完成!

ナッツ先輩に交代してもらう。

ちなみに、蜂の巣はもうちょっと左。 上がれない所は、もうちょっと上。

ちなみに、蜂の巣はもうちょっと左。
上がれない所は、もうちょっと上。

ナッツ先輩、ありとあらゆる箇所を使い、突破!!
ナッツ先輩すげぇ~な~

解除のコールがあり、OKでコールがかかったので、すこも行く。
フォローだとすんなり上がれまする。ええ、メンタルチキンですよ。はい。

この後も、なんだか嫌な感じのところを、A0ラヴで抜け、終了点から懸垂下降。
ナッツ先輩の残置ヌンチャクを回収しなくては!

2ピッチのビレイ点まで降りて、そこから登り返し、そーっとヌンチャクに手をかける。

「すいません、すいません、すいません、ゴメンナサイ」

ファミリー全員が、「またお前か!」って感じで、総ガン見。

写真はイメージです。

写真はイメージです。

「すいません、もう来ません」

なんだか、お腹いっぱいになってしまったが、まだ時間があるので、
〆の右スラブでも行きますかと、覗いてみるとまだトップロープが
張ってある。1日ここで遊んでる様子。
藤の木ルートを通って、天狗のテラスへ。

ここから(2p)は、すこがリード。
ナッツ先輩は、スベリ台をリードしたことが無かったので譲る。
前回は、スラブなのに、スラブを触らない絶妙なムーブで突破した、
ナッツ先輩、今回はちゃんと登ろうと出発。

無事に、スラブを触って登り終了。

後半から写真が無いって?
そりゃ、いっぱいいっぱいだったからな!!

この辺でまぁいいでしょ!と下山。

激混みの湯「もえぎの湯」いつかり、臭い汗を流し、1杯やっていると、
知り合いに遭遇。「あら、こんにちは」

2日目へ続く。

似たおはなし:

    いまはまだ無い・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。