3食昼寝付きの旅(雷鳥平~真砂沢ロッジ)

日時:8月13日~19日
天気:ど雨
メンバー:すこ、なっつ(14日~17日)
記:すこ

時間(14日):雷鳥平(7:30)-剱御前小舎(9:00)-剱沢キャンプ場(9:35)-
真砂沢ロッジ(12:00)

ナッツ氏に、「お盆に八ッ峰行やせんかねぇ~」と
そそのかされ、まんまと行くことになりやした。

そろそろ、書いとかないと後がつかえてるし、忘れてしまうからね。

 

計画としては、薬師岳方面から来るナッツと14日に真砂沢ロッジで合流し、
15日八ッ峰主稜、16日Ⅵ峰フェース後雷鳥平へ移動、17日~21日で笠ヶ岳へ
縦走の予定でございました。

ナッツ氏の14日までの行動は、以下をどうぞ
孤高の赤木沢 ~ワレコーラトトモニアリ~

大量の食糧と、酒(ナッツ氏への進呈品とか)をザックにパンパンに詰めて、
「これ、無理じゃねーか?」と思いつつ出発。

馬鹿でかいザックを、周りから生あたたかい目で見つめられ、
電車を乗り継ぎ、トロリーバスやら、ケーブルやらを乗って、やっと着きましたよ!
室堂へ!(あー遠い)(金かかる)

溢れ出す観光客をすり抜け、雷鳥平へ歩き出す。
ああ、今は地獄谷って通れないのね。石畳をペタペタ歩く。

見えてきましたよ、雷鳥平。

びっしりとテントが・・・

びっしりとテントが・・・

おわかりいただけただろうか・・・

到着すると、ファミリーキャンパーや学生さんやらで、テン場はびっしりでした。
賑やかな床を避けようとするも、延々と続くテント、テント。
端っこの、おじさんとおじさんのわきにひっそりと張りましたよ。おっさんもね。

さて受付して、ビールでも買おうかと思ったが、ちと遠くめんどーなので、
持参したビールを開けてしまう。一応1人6缶持ってきたので、まぁ後で買えば良い。

暗くなり、外は若者の笑声がこだまする。
ケケケケケ~
「あーそれそれ~、ケケケケケ~
「まぢでぇ~、ケケケケケ~
その笑い方やめろ!
そして、寝ながら飯を食うな!
と通気孔から覗いて、我想ふ。

恵みの雨が降り、外の宴会もお開きとなり、ちょうど良い静けさに。
さぁ、やることないので、寝ましょう。

14日
今日は、真砂沢ロッジまでなので、朝はのんびりと。

周りは、すでに出発したとこ、連泊でのんびりしているとこなど、
いろいろですね。

パッキングをして、パンパンになってザックを担いで8時出発。
雷鳥坂を、ひーひー登る。
真砂沢ロッジにさえ行けば、ほとんどは腹の中に再パッキングだ!

途中、古い知り合いに会う。
「お久しぶりっす」
どうやら、源次郎尾根を行ってきたそうだ。
天気が良かったそうだ。

坂は登っているが、天気は下り坂!えぃーい!

剱御前小舎についても、剱岳は雲の中。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

剱沢キャンプ場も、テントがあふれている。
この時間は、みなさん剱に行っているんでしょう、比較的静か。

受付の前で、小休止。剱のあたまが見えそうで見えない。う~ん。

剱沢雪渓に降り、とぼとぼ歩く。

歩く。

歩く。

歩く。

長いここ。
あまりにも長いんで、途中であきらめてアイゼン付けました。ええ。

こりゃぁ、Ⅵ峰フェースやったあとに、これを登り雷鳥平まで移動なんて、
あああ、無理っすよ、無理無理、だめだめ、いやいや。

長次郎雪渓出合に着いたが、何やら騒がしい。
レスキューの訓練かと思ったら、ほんとのレスキューだった模様。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よし!もうすぐだとヘリを見送って(ヘリが行くまで待ってて下さいと言われたんださ)
歩き出すが、まだ見えない真砂沢ロッジ。
途中夏道らしきところに上がり、アイゼンを外す。すぐに雪渓に降りるが、めんどーなんで、
このまま行くと、見えてきました真砂沢ロッジ様!

着くと、大学山岳部やら、名門?山岳会様やらがおりまして、お邪魔にならない様に、
なかなか良い場所にテントを張る。ナッツ氏はまだのようだ。そりゃぁそうだ夕方くらいだろう。

受付して、ビールを買う。おお!ここはプレモルだ!山では珍しいぜ!
柿の種とプレモルで昼飯をとる。が、ちょっと寒い。テントの中に移動。
2本飲んで、ナッツもまだ登場さなさそうなので、お昼寝。

寝ていると、パラパラと踊り雨が降ってくる。
時折、雨脚が強まる。ナッツはまだこない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕方になり、どれどれと外をみると、なにやら見たことある感じのサムラゴウチが。

「いやぁ~、ナ○キンでケツ拭いちゃいましたよ~」と
ナッツ氏がご到着。
なんで、第一声がそれなんだ?

おつかれさん

つづく

似たおはなし:

    いまはまだ無い・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。