一ノ倉南陵

日時:6月14日~15日
天気:晴れ
メンバー:ナッツ、すこ

時間:土合(3:00)-出合(4:00)-南陵テラス(5:30)-終了点(8:00)
国境稜線(11:00)-谷川岳トマ(12:00)-西黒尾根-指導センター(14:00)
だったかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前日入りし、雨模様の中マムシ岩でハーケン打ったり抜いたりして遊んだ。

そういえば、AKIRAと来たな~、くたびれたな~

また来たよ。

 

ホテル土合で、ナッツ特製きりたんぽ鍋を頂き、明日は早いと9時就寝。
俺は、酔っ払って寝れたがどうやら夜中?11時?に団体がやってきて、
騒いでいたらしい。ナッツさんご立腹。

「う○こ!してやろうかと思いましたよ!」

と朝言っておりました。

2時にごそごそ起きて、準備開始。さくっと移動して、予定通り3時出発。
今回は、ロードスターなんぞで寝なかったので体は楽。心はxxxだがね。

すたすた歩いて、出合に到着。腹の荷物を置いて、一ノ倉を見上げると、
明かりがちらほら。この時間でも先を越されたか~と歩き出す。
雪渓がばっちりつながってて、楽々テールリッジに乗っかる。

テールリッジ終了あたりで、先行パーティに追いつく。
「おはようございます。今日はどちらへ?」
「どもー、凹状岸壁に行こうかと。地震で崩壊したけど、最近再開拓されたらしいので」
「そっすか~」と、南陵は一番と確認する。

テールリッジを振り返ると、明かりが続々と上がってくる。
さぁさっさと行こう。せっつかれるのやだもんね。

あっ、ちなみにカメラを車に忘れたんで、写真はあのきりたんぽのみです。
もう一枚ありました。サービスショットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

南陵テラスで、日が明けて。
オーダーは、ナッツが一番槍になる。

ナッツがルートファインディングでうほー!さほー!(右往左往)していると、
後続パーティが到着。まずは3人パーティ。
ナッツさん、チムニー越えて無事到着。

2pはすこで、あんま覚えてないが難なく終了。
ナッツが上がってきたとこで、後続のパーティを確認。
どうやらロープワークやらコールやらで、てこづってる様子。
せっつかれないうちに、上りましょう。

3pは、草原のようなボーナスステージをナッツが行く。
さらに進もうとするナッツを引き留めて、ピッチを切る。

4pは馬の背手前でピッチを切り、5p馬の背をナッツが行く。

6p核心をすこが行くが、相変わらず濡れている。
はい、つかみましたよ、また、つかみましたよ、A0A0A0な~

ナッツさん、上がって核心もフリーで突破。ついでに、すこが掴んだ
ヌンチャクをぽいっと捨てる。

目で「A0なんてしてんじゃね~よ」と訴えてるようだ。
ごめんなさい。

無事に南陵終了感無量~

が、実はここからが辛いんだよな~
と、腹ごしらえして、出発。天気も良い。

ぬれぬれのルンゼを超えて、気持ち悪い草付こえて、
ぼろっぼろの6ルンゼの頭を超えて、笹食ってる場合じゃねーの藪越えて、
やっと着きました国境稜線。あー疲れた。

一ノ倉岳で、ギヤ類をしまう。

すこ「ナッツさ~、財布持ってきた?」
ナッツ「僕も聞こうと思ってたんすよ~」

二人とも1文無し。小屋でビール・・・

ナッツ「土下座すれば小屋で貸してくれませんかね?」
ナッツ「小屋じゃなくても、誰かかしてくれませんかね?」

途中すれ違ったおじさんが、振り向きざまに、
「2本買ってるよ~」とこちらに話しかけてきた。

ビールが2本??俺たちに?とナッツとすこの勝手脳変換。

ああ、サッカーね。やってたねそんなの。日本勝ってるのね。
そんなことより、ビール飲ませろ。

もう肩の小屋でひもじい思いするくらいなら、さっさと西黒降りて帰りましょう。
と、加速する。

樹林帯で、山岳救助隊の方に追いつく。
結構なペースで降りている。
途中「先どうぞ~」とすすめられるが、なんだかパトカー追い越す感じで、
ためらうが、立ち止まってしまったので、追い越す。
追われるのもやなので、加速する。

振り返ると、ナッツがいない。
が、俺も降っているが、腹の荷物も降っている。

ナッツよごめん。あとは自力で降りてこい。

と、指導センターに向けて加速。

なかなか着かないんだな~これが。途中であれしちゃおうかと思ったが、
神がないので、がまん。がまん。俺まだ行ける。

無事、もらさずに指導センターに到着。
あそこの水がんまかった~。

することすまして、休んでいるとナッツも到着。

だいたいあれだな、ロープウェイが点検かなんかで休業中で、金いらんと
思った時点で、間違ってるよな。ちくちょう。

前回AKIRAの時とだいたい同じ行動時間なのだが、今回さほど疲れていないのは、ナゼ??

 

似たおはなし:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。